アンティーク振袖に清楚な髪型をあわせた令和の大和撫子スタイル

先日の天皇陛下御即位をお祝いする国民祭典にて、芦田愛菜さんが見事なアンティーク振袖の着物で登場されて、15歳とは思えない落ち着いた美しい所作で祝辞を述べられましたね。

芦田さんが式典のためにこだわって選んだ振袖は、なんと100年前につくられた昭和初期のアンティーク着物です。

着物職人の技法を駆使した最高品の振袖

淡い生成り色の地に、染め・織り・刺繍で見事に装飾された門外不出の着物と言われていて、老舗呉服店「鈴乃屋」さんが衣装提供したそうです。

家の繁栄・長寿・永遠・不断長久などを意味する紗綾型の文様に、長寿を象徴する菊の本紋が入っているので、式典にふさわしい大変おめでたい柄です。

また、菊の花弁は手刺繍と縁は金駒刺繍が施されていて、光の加減で陰影があらわれます。

金駒刺繍は、糸巻きのような物に糸を巻きながら刺繍糸をはわせていき、綴糸で留めていく大変高度な技法のひとつで、とくに金糸を使ったものを金駒刺繍と呼びます。

着物全体には、匹田絞りと桶絞りによってボリュームを表現して、品格のなかに冴えた朱色と緑でアクセントを加えています。

帯は、川越や京都が産地で知られる技法の金糸を使った斜子織で、さらに、日本最古の文様である菱型正倉院文様が施された、大変格調の高いものです。

この式典のために、着物も帯も最高品が選ばれたわけですが、この着物、これまで一度も袖を通されなかった未使用品だったそうです!

このような大舞台のために、大切に保管されてきたのだと思います。

着物に合った若々しく上品な髪型

芦田愛菜さん 天皇陛下御即位

引用元:ポストセブン

普段のすぱっとキレイに整った前髪をオールバックで額を見せた髪型も清楚で、着物に合っていて素敵でしたね。

芦田愛奈さん 天皇陛下御即位

出典元:ポストセブン

後ろ姿もアンティークにふさわしい昔からあるスタイルです。

やはり、正式な場所には、正統派の古典柄が凛として上品な華やかさがありますね。

成人式や結婚式の振袖にふさわしい柄

一生に一度の成人式や大事な祝典には、伝統的な柄で品格のある装いが私は好きなので、できれば娘にもそういう着物を選んでほしいなと願っています。

昨今、色鮮やかなモダンアンティーク柄や若い方向けのブランドから発売されている着物も人気があるそうで、中には正絹ではなく化学繊維のものもあるそうで驚きました。

流行や個性を取り入れるもの愉しみ方のひとつですが、日本の昔からある伝統と品格を若い方にも知ってもらいたいなあと思います。

七五三を親子着物でお祝い♪髪型、写真、初穂料について

七五三は、お子さんの成長のお祝いと、これからも元気で健やかな成長を願う、日本の伝統行事です。

毎年秋ごろに近づくと七五三について尋ねられることが多いので、うちの体験談を交えながら説明したいとおもいます。

七五三のお祝いはいつおこなうのか

男の子は、数え年で3歳と5歳のときに、女の子は数え年の3歳と7歳に行います。

数え年とは、七五三詣や厄払いのときに使われますが、簡単にいうと、今年の西暦から生まれた年の西暦を引き算した数に1を足した数が、数え年になります。

例えば、2013年生まれのお子さんですと、2019(今年)-2013=6 。それに1を足すので、7が数え年になりますので、今年が七五三詣ということになります。

今年2019年に七五三をおこなうお子さんの生まれ年は、「2017年」「2015年」「2013年」になります。

七五三詣は、本来11月15日に行うことになっていますが、実際は、10月から11月の週末に行う方が多く、神社では一年を通じて受け付けているところもあります。

また、北海道では、11月は天候があまり良くないため、1ヶ月早めて10月15日に行うご家族も多いそうです。

七五三の男の子と女の子の着物、親の服装について

七五三詣では、着物を着て家族と写真撮影した後、神社へお参りをして、そのあとは家族みんなで昼食をとるといった流れが一般的です。

我が家では、上の三歳の女の子と生まれたばかりだった息子と一緒に参拝へ出かけました。

子供用の着物のレンタルや着付け、ヘアメイク、写真撮影も一ヶ所でできる地元の写真館でおこないましたが、やはり一ヶ所ですべてできる便利さや個人のお店なので親身に対応してくれるところが良かったです。

息子の初着も無料で貸していただけました。

写真館ですと、大きなチェーン店に比べて、着物の種類も限られてしまいますが、まだ小さい子用の着物はだいたい似たようなものなので、定番色のピンクで十分可愛く仕上がりました。

一般的に、女の子は3歳に「三つ身」または「被布」、7歳では「四つ身」を着ます。

男の子は、3歳・5歳ともに「紋付の羽織袴」が正式ですが、紋がなくてももちろん大丈夫です。

最近では、和風のワンピースやスーツスタイルもあるそうです。

私は手持ちの小紋、主人は黒のスーツを着用しました。

小さな子供と一緒なので、汚してしまいそうで和装するかどうか迷いましたが、後から家族で記念写真をみると、子供たちが「ママ綺麗だねー」と褒めてくれるので、やっぱり着物にして良かったと思います。

普段着物をあまり着る機会がない方も、七五三こそは、お子さんと一緒に和装で記念撮影してほしいなってって思いますね。きっと良い思い出になりますので♪

一般的に、母親は品のある華やかな装いが理想なので、「訪問着」「付下げ」「色無地」で大丈夫です。

父親も、母親とバランスの良い品のある装いが良いでしょう。

初穂料(はつほりょう)について

初穂料は、神社にてお祓いをしていただいた時に、謝礼としてお渡しするお金です。場所によっては、玉櫛料(たまくしりょう)ともいいます。

金額は、それぞれの神社によって異なりますが、相場は5,000円から10,000円くらいで、金額をあらかじめ設定している神社もありますので、電話にて問い合わせてみるか公式サイトの情報を参考にしてみると良いでしょう。

家族みなさんで思い出に残る七五三をお迎えください。

京都の祇園や嵐山でおすすめの着物レンタル店

京都では、着物姿のカップルや外国人観光客を大勢みかけることができます。

京都駅前や祇園、嵐山、清水坂など、京都の観光スポットのあちこちに格安で着物をレンタルできて着付けもしてもらえるお店がたくさんあるからです。

京都で有名なおすすめ店は、京都最大規模の「夢館(ゆめやかた)」、全国展開している「wargo」、京都で最安値級の「京乃都」です。

 

出典元:夢館公式サイト
出典元:夢館公式サイト

夢館は、創業16年の京都に5軒の実店舗をもつ着物レンタル店です。

レディースやメンズ、子供用の着物500種類以上があり、サイズもスモールやワイド、トールなど豊富に取り揃えています。

貸し出ししている着物のタイプは、振袖・振袖小紋・振袖絵羽・訪問着・黒留袖・色留袖・袴・紋付袴・モーニング・浴衣・三歳被布・七歳四つ身・五歳男児袴・ジュニア振袖・ジュニア紋付袴・散策用カジュアル振袖・侍袴などです。

レトロな着物をカップルでレンタルできるプランや夏着物を安く借りられる夏のキャンペーンもおこなっています。

夢館では、AKB48やHKT48、テレビドラマなどの衣装提供や、国内や海外のテレビ取材も数多く受けている人気店ですので、中国人観光客の団体での利用も多いため、できれば早めに予約をしておくと安心です。

全国に19店舗ある京都きものレンタル「wargo」では、京都限定の「花火大会特別割引」を実施しています。

出典元:京乃都公式サイト
出典元:京乃都公式サイト

「夢乃都」は、京都で最安値と話題の着物レンタル店で、京都駅前、祇園、河原町に店舗があります。

ネットから事前予約をすると75%も安く1,950円で、ブランド着物やレトロ着物、浴衣などをフルレンタルできて、もちろん着付けも含まれています。

持ち込み着付けも2,500円で利用できるので、花火大会や観光などで着物を着たいとき、覚えておくと便利なお店です。

低価格で着付けに必要なすべてが含まれているので、花火大会やデート、女子会、観光散策がより特別な思い出深いものになるでしょう。

私が愛用してる着物レンタル情報サイト

昨今のシェアリングエコノミーやミニマリストの流れで、成人式の振袖や卒業式の袴、結婚式の留袖や訪問着、七五三などに、着物をレンタルするのがかなり一般的になってきました。

安い予算で、お手入れなどのわずらわしさもなく、着付けやヘアメイク、写真撮影までひとつのお店でまかなえる至れり尽くせりのサービスまで、好みで選べる選択肢も多くなったので、嬉しい反面どれにしてよいのか迷う方もいらっしゃるでしょう。

私が最近参考にしているのが、着物レンタル情報サイト「レンタルきもの図鑑」です。

私の地元浅草はもちろん、横浜・鎌倉・京都・大阪・札幌など日本全国の着物レンタル店や宅配着物レンタルサービスを提供しているお店の紹介をしているので、観光地でちょっと着物を着て散策してみたい時や地方の花火大会へ出かけたとき、結婚式のときに大変役立っています。

まだ借りる予定が決まっていなくても、どんな新作や上質な着物が入荷してるか、お店を周るようにチェックするのが愉しみになってます。

いまよく利用してるお店は、「きもの365」と「wargo」のふたつです。

どちらも宅配買取サービスの提供してるお店ですが、簡単にいうと「きもの365」は大切な日に。「wargo」はちょっとしたお出かけに気軽に利用できるお店です。

「きもの365」には、こんな素晴らしい着物をレンタルができるなんて!と思える上等な作家物やブランド着物が豊富に揃っているので、利用する度にお友達や周りの方々からお褒めをいただきます。

結婚式や初釜のお茶会、娘の成人式、卒業式に利用したいと思えるお店です。

「wargo」は、宅配着物レンタルサービスの他に、店頭でのレンタルや着付け&ヘアメイク、撮影などもできる大変便利なお店です。

店舗は、浅草・銀座・新宿・鎌倉・京都・大阪・札幌・仙台・倉敷・金沢・福岡にあります。

3,000円代から一式借りられて着付けまでしてもらえるので、観光地での散策や花火大会への浴衣、ちょっとしたお出かけの訪問着に利用しています。

浅草ですと、欧米人や中国からの観光客が着物を着て歩いているのをよく見かけます。

大変人気がありますので、花火大会や成人式など日が決まっているイベントの時期は、早めの予約が必要になります。また、何もない日でも着物を着て出かけると気分もあがって素敵な一日を過ごすことができます。

訪問着を宅配着物レンタルで借りるメリット

結婚式などに訪問着を着たいとき、私は「宅配着物レンタル」を利用しています。

宅配着物レンタルは、インターネットで好きな着物を選んで、着付けに必要なすべてのセットが、指定した日に、自宅や着付けをするヘアサロンや式場へ届けられるサービスです。

私は自分で着付けができるので、大抵は自宅に送ってもらいますが、先日札幌で結婚式があった折は、宿泊先のホテルへ届けてもらいました。

着付けには、諸々のアクセサリーが必要なので、すべてを持ち込むとなると結構な荷物になってしまいます。。ですので、出先に届けてもらえるのは本当に助かりますね。

レンタル期間は、3泊4日くらいで、必要なときは延長もできますが、着用した後は、クリーニングする必要もなく、送られてきた専用バッグへ着物を折りたたんで入れて宅急便に頼むだけなので、大概は3泊4日でちゃんとおさまります。

帰りも着物一式の荷物を持つ必要がないので、遠方へ出かけた時は本当に便利で助かります。

他にも、宅配着物サービスのメリットはたくさんあります。

・レンタル料金が安い。
・いろいろな柄を愉しむことができる。
・着用後のお手入れがいらない。
・満足安心保証つき
・専門のプロに相談できる

ここ最近、宅配着物レンタルサービスを提供するお店が増えていて、利用者が安心して気軽に着物を愉しめるサービス内容が充実してきていますし、料金もかなり安くなっています。

たとえば、訪問着一式のレンタル料は、最大手の「wargo」では9,900円から。

「夢館」では、8,100円~。「きもの365」は1万円未満など、それぞれサービス内容が異なるのでレンタル料のみで比較はできませんが、だいたいの相場はこのくらいです。

1万円くらいで訪問着を借りられるので、結婚式や結納以外にも、入学式、卒業式、コンサートやお食事にも「着物を着ていこうかしら!」と思えるようになりました。

着物を着る日は、特別な気持ちになれますし、意識しなくても自然と女性らしいエレガントな所作になるものです。

また、レストランやお店の方の対応も良くなるので、着物の日は自分も特別な気分になれるので大好きです!

成人式の振袖レンタルの相場

成人式や結婚式の振袖を、着物レンタルでまかなうご家庭が多くなってきました。

2018年の振袖市場では、レンタルの業績がのびていて、最近では浴衣もレンタルする方が多いそうです。

そして、新たに母親または親戚から振袖を借りる「ママ振」も人気なんだそうです。

全体でいうと、20%が購入、40%がレンタル、そして残りの40%がママ振を利用する傾向にあって、新しいママ振の利用がますます増えています。

振袖一式を揃える場合、大手有名百貨店では30~40万円ほど、京友禅になると60万円くらいの予算がかかります。3万円ほどで袴も用意されていて、成人式の後、卒業袴としても利用できます。

また、上等な特選振袖になると、卓越した染技術を駆使した着物や帯のセットで300万円以上のものなど、上はきりがないですね。

新作着物の相場は、だいたい55万円ほどだそうです。

女の子の兄弟や親戚が多ければ、購入した方がお得ですが、あまり着る機会がないご家庭では、やはりレンタルが便利ですね。

振袖レンタルの相場は、サービスの内容によって異なります。着物と帯のみを借りる場合、振袖一式(草履やショールすべて)のレンタル、振袖一式・ヘアメイク・撮影がセットになったものなど、さまざまです。

そのなかでも、着物もヘアメイクも写真撮影も一ヶ所でできるサービスが一番人気があって、相場はだいたい20万円ほど。

ママ振の場合は、10~15万円くらいが相場です。

また、レンタルにも種類があって、中古の着物を借りる「従来のレンタル」と、オーダーメイドした新品の着物を借りる「オーダーレンタル」があります。

オーダーレンタルは、購入とレンタルのメリットを合わせたサービスで、新しい着物で成人式を迎えたい方に人気です。

レンタルしても、流行やブランド着物の新作を着たい場合は、30~40万円が相場です。

いまは利用者のニーズにあわせて様々なサービスがあるので、レンタルだから購入よりも安いという訳ではないようです。

我が家の場合、子供たちが成人式を迎えるのはまだ先ですが、手持ちの着物ではサイズが小さいため「ママ振」は無理ですし、購入するかレンタルするか迷いますが、やはりせっかく思い出にのこる成人式ですので、上等な品格のある着物を着せてあげたいので、予算も大事ですが、日本人として正統の美しい着物を選びたいと思っています。

格安の着物レンタルを利用して和装をもっと気軽に!

年を重ねてきますと、改めて日本の良さに気づかされたり、昔から受け継がれてきた伝統文化に興味を惹かれるようになって、着物もそのひとつです。

日本人女性をもっとも美しく優雅にみせてくれる着物は、伝統柄にくわえ、モダンで粋な柄など、若い方から年配の方まで愉しめるよう、いまも進化し続けています。

着物は、お宮参り、七五三、成人式、卒業式、結婚式、披露宴など、人生の大切な日に装う「特別なもの」というイメージで、普段気軽に愉しむファッションではありませんでした。

身近に着付けができる家族や知り合いがいれば良いでしょうが、大概は、着付けや髪型のセットのために美容室を予約しなければいけませんし、自前の着物ですと上手に保管したり、シミや汚れのお手入れのために京都の職人さんを利用しますと、数万円の費用がかかってしまうため、気軽に普段愉しむとはいきませんでした。

でも、着物文化という素晴らしいファッションを特別な日だけのものにしておくのはもったいない!と思い、なにか良い方法はないか調べていくうちに、気軽に利用しやすいサービスが充実していて、しかも安い着物レンタル店があることがわかりました!

着物レンタルというとホテルや結婚式場にある衣装レンタルのイメージでしたが、最近では、「きもの鈴乃屋」「京都きもの友禅」「きものの三松」「さが美」などの一流の呉服屋さんも着物のレンタルサービスを行っていますし、京都や地方の老舗呉服店が運営している、高級着物やブランド着物をリーズナブルな料金で貸し出すサービスなど、予算と用途にあわせて選択できる幅がかなり広がって利用しやすくなっています。

また、産着・七五三・振袖・卒業袴・訪問着はもちろん、黒留袖・色留袖・喪服・小中学生の振袖や袴・紋付袴・花嫁衣裳など、レンタルできる着物のタイプやサイズも豊富に取り揃えています。

着付けに必要なものすべて一式の貸し出しと着付けや簡単なヘアセットまでセットになった格安のものもあり、観光地では旅行客や外国人、カップルが着物姿で散策を愉しむことが人気だそうで、着物に親しむ機会がふえていることは本当に素晴らしいことだと思います。

このブログで、着物がもっと好きになるような情報をいっぱいお届けしたいなと思ってます。